甲聖工業株式会社

企業情報

沿革

1984 台中·太平市に鋳造工場を設立。資本金:1m元。
1997 ISO-9000取得、台湾鉄路管理局のサプライヤとなる
1998 台湾鉄路管理局指定の50KG-N軌道分岐器システムの開発 スタート。
2000 鋳物製品を直接ヨーロッパ、アメリカ、日本市場に輸出。
2001 南投市の南崗工業区に工場(現本社)を新設, 資本金130m元,面積:20km²。
2003 台湾鉄道初の50KG-PC枕式軌道分岐器を開発成功。
2006 第三工場(倉庫)新設,面積:3.3km²。
2007 第二工場新設,面積:6km²。
2008 大口原料輸出入事業部門として、宏聖国際株式会社を設立,資本金:53m元。面積:19.8km²。
2013 資本金を270m元に増資,従業員数:110名。面積:29.3km²。 SAPのERPシステムを導入。
2014 TAF認証及び韓国国鉄のサプライヤ認証を取得,品質管理 検定の能力を向上する為、米国ミーハナイト社と鋳造提携の 認証を獲得。
2016 資本金を332.5m元に増資。従業員数:130名。